MENU

リフォーム費用を安くする裏ワザ

広告1

さてさて、一括見積もりサイトでリフォーム費用が一番安い業者は見つかりましたか??

広告1

ユーザー口コミ評価指数

安全度 便利度 簡単度
リフォーム費用 リフォーム費用 リフォーム費用

もしかして、一番安いリフォーム業者が見つかって浮かれて喜んでいませんかいませんか? 実はまだ安くなる方法があります。

 

まずは「ベタにもう少し安くならない?」と聞いてみます(笑) まぁ答えは、雀の涙ほど値引きしてくれるか、値引きしてくれないかのどっちかですよね。

 

広告1しかし他の方法でまだ安くできる可能性はあるのです。

 

 

 

 

その前に、このサイトに初めて訪れた人にリフォーム費用を安くする為のおさらいをします。

広告1 広告1 広告1

一括見積もりサイトで信頼できる優良な内装業者から見積もりを取る。

※最低でも3〜4つぐらい

自分に合った業者を選定する。

※リフォーム価格や業者との相性や信頼度

リフォーム費用を安くする裏ワザを使う

※下記にて説明します。

 

広告1

この順番で、しっかりとしたリフォーム工事を一番安くする事を目指しましょう。

 

広告1

広告1

それでは本題に入ります

 

まず、あなたのリフォーム見積もりはどんなリフォーム内容で金額はいくらでしたか?

 

広告1

そのリフォーム内容金額によってはまだ値下げできる可能性は十分にあります。

 

分かりやすいところから説明しましょう。

 

 

例えば、あなたが6畳ぐらいの部屋の壁紙のリフォームしたとしましょう。

 

広告1

 

ざっくりその費用は 28,000円〜72,000円(税抜き) ぐらいだと思います。(天井・壁で約40uぐらいの計算です)

 

金額が細かいでしょ?(笑) ※リフォーム業界にいた時の経験です。この最安値の28,000円という金額は一般のお客さんは残念ながらほぼ不可能です。

 

因みにあなたが同じ業者に2回〜4回ぐらいリフォームを頼んでいたらいけるかもしれませんが・・・

 

しかもこの金額はサンゲツの一番安い壁紙(SP級)を使用した金額です。

 

 

 

このぐらいのリフォーム金額では値引きがほとんど期待できないです。

 

広告1

なぜならリフォーム会社はこれぐらいの金額だと利益が全然ないからです。 これマジです(笑) 

 

 

僕が勤めていた時はこれぐらいのリフォーム工事ならばやりたくありません!だって全然利益が残らないですもんww

 

 

さてここからどうやって値引きをすればいいかというと

 

リフォーム内容を増やす!

 

広告1

「えっ??費用を安く抑えたいのにリフォーム工事を増やしたら高くなるじゃん!」

 

と、思いますよね?

 

 

まぁ聞いてください(笑)

例に挙げた、【6畳ぐらいの部屋の壁紙張替えで天井・壁で約40u】という内容 プラス 他の部屋の壁紙張替えもついでにやるのです。

 

リフォーム会社からすれば、6畳の部屋を一つリフォームするのも6畳部屋を3つするのもさほど手間は変わらないのです。

 

要するに、リフォーム業者からすれば同じ手間で利益が低ければ値引きはできないませんが、同じ手間で利益が通常ぐらいに確保できれば値引きできると言う訳です。

 

例えるならば、鮮魚市場で、カニ一杯の値段が6000円だとします。これを二杯買うから値引きしてとお願いすると簡単に1000円〜2000円ぐら安くなりませんか?

 

もっと細かく説明すれば、家電量販店がテレビを安く売る為にはメーカーから沢山仕入れるから仕入れ値が安くなり、安い価格でお客さんに提供できるのです。

 

リフォームもこれと似ています。リフォーム会社は少ない壁紙の張替え量では、職人さんの人件費だけでほとんど利益がでなくなってしまうのです。

 

僕もまだリフォーム会社にいた時によくお客さんに、「6畳の部屋を一つ一つ壁紙リフォームをするよりも他の部屋やリビングも同時にした方が値引きができますよ!」と説明していました。

広告1 広告1 広告1

6畳で40uぐらいの壁紙張替えを依頼して50,000円だとしましょう。これを3部屋やったら150,000ですよね? しかしこれを一度に依頼すれば値引きできるしてくれる可能性はグンと跳ね上がるでしょう。

 

様々な要素があるので簡単には言えませんが、僕ならば10,000円〜30,000円は値引き出来る計算ですね。

 

このはなし簡単に聞いていませんか??

広告1 広告1 広告1

だからあなたは高いリフォームをする事になるのです!!

 

最大値の30,000円ぐらいの値引きが出来たなら、通常の6畳で40uのお部屋の金額の60%の値引きした計算になるのですよ!

 

広告1

もちろん部屋以外にリビングや階段や廊下などを追加すれば、軽く一部屋分ぐらいはできる金額ぐらいは値引きが望めます!

まとめ

小さい範囲や、小額のリフォームよりも大きい範囲のリフォームや150,000円を超えてくるリフォーム金額の方が値引きができる事ができる。

 

補足

壁紙に限らず、他のリフォーム工事でも同じことです。

 

壁紙とクッションフロアーを組み合わせたり、壁紙とトイレ交換を組み合わせるなどリフォーム内容を増やす事が肝です!

 

 

 

広告1 広告1 広告1 広告1 広告1

リフォーム費用の価格差が出る理由

 

無料一括見積もりサイトや知り合いの内装業者に見積もりを複数取ってみると価格差が出てきますよね?

 

では一体なぜ価格差が出てしまうのでしょうか?

 

一般のお客さんは、「たくさん利益を乗せてボッタくってる」と思っている方が多いのではないでしょうか・・まんざら間違いではありません(笑)

 

しかし、全部の内装会社がそうではありません。

 

下記に並べた理由が複雑に重なって価格が変わってきます。

 

私がリフォーム会社に勤めていた時の経験から説明していきます。

 

材料の仕入れ価格の差
地域の相場
各会社の利益率の設定
自社施工・外注施工の違い
時期や季節・経済情勢

 

 

理由@ 材料の仕入れ価格の差

 

各内装会社は、リフォーム工事に関わる材料を仕入れなければなりません。

 

それがメーカーから直接仕入れるのか、または商社を通して仕入れるのか。さまざまな仕入れ方法があります。

 

ご存知の方も多いと思いますが例えば、壁紙(クロス)などはサンゲツというメーカーから仕入れます。※サンゲツだけではありません。

 

この壁紙一つにとっても各内装会社は仕入れ価格は違います。この単価はメーカーから他社の卸単価は絶対に教えてくれません(笑)

 

ヤフオクでの壁紙価格を参考にして説明します。

 

 

・A社はメーカから壁紙100mを15000円で仕入れる

 

・B社はメーカから壁紙100mを12000円で仕入れる

 

このようにB社はA社より材料が20%も高く仕入れなければなりません。

 

となると、お客さんは単純に材料単価が20%も高くなってしまうのです。

 

また、壁紙だけの価格は大したことはありませんが、これが100万円の工事であれば10万円〜15万円は軽く差が出ることになります。

 

※計算方法は分かりやすくしてあります。実際の価格ではありません。

 

どうしても、会社の規模やメーカーとの関係性で卸価格は会社によって変わってきてしまいます。

 

各会社によっても得意工事があります。得意といっても工事を上手くできるということではなく、価格的に安くできるということです。

 

C社→【お風呂工事は一般的な価格だが、フローリング工事なら他社より安くできる!】というような事です。

 

フローリングの材料が他社より安く仕入れていると推測できます(笑)

 

当時私が勤めていた内装会社は、一つの金額が大きなリフォーム工事をする時には材料も大量になるのでメーカーに価格交渉をしていました。

 

メーカーも大量発注なのでその材料によっては、特例で単価を下げて卸してくれたりしていました。当然お客さんの費用も下がる事になります。

 

 

理由A 地域の相場

 

工事価格は、地域によっても大きく変わってくることも珍しくありません。

 

まず、【工事費】が変わってきます。職人さんなどが作業費用と考えてください。

 

一概には言えませんが、都心部は安く、地方は高くなる傾向があります。

 

ここで言う都心部とは一般的に経済的に盛んな地域や人口が多い地域を指します。

 

札幌 仙台 関東圏 名古屋近郊 大阪近郊 福岡近郊 などです。

 

都心部は経済的や人口的にもリフォーム工事が地方よりも自然と多くの需要が高まります。当然、職人さんや工事業者は仕事が多くなりますよね?仕事が多くあると言う事はそれだけ職人さんや工事業者が多く存在するということです。

 

そこで高い工事費設定をしていると他の安い方へ自然と発注がいってしまいます。職人さんも工事業者も金額設定を努力して安くしないと仕事を貰えないのです。

 

・逆に地方は、競争相手があまり存在しないので工事費用を安くしなくても工事の数は少なくても普通の工事金額設定でも仕事が入ってくるのです。

 

また、材料の仕入れ単価も変わってきます。

 

先ほどの理由@と多少似ていますが、地域によって材料の卸価格が変わってきます。先ほどは会社単位での卸価格の差が出ていましたが地域でも価格が変わってきます。

 

例えば、壁紙や床材などを扱っているサンゲツというメーカーは本社が名古屋です。その地域に本社があると卸価格は全体的に見て安くなる傾向があります。

 

当時、私の会社は愛知県名古屋市にありました。仕事の関係で愛知県の外れにある海沿いの某市で内装会社を経営している方と知り合う事になりました。その方と卸単価の話になった時に聞いた単価は高くて驚いた事をよく覚えています。

 

私の会社より約30%ほ割高なのです。余談になりますが、大阪近郊あたりは水周り系の住設が安いです。

まとめ

このような様々な理由と原因があってリフォーム費用は変わってきます。

 

「あそこの業者より、これだけ20万円安かった!」だからあそこの業者はダメだという事は簡単には判断できないのです。

 

近年この不景気の影響で悪徳業者も増えているのが現実ですが、良心的な業者、常識的な業者もちゃんと存在します。

 

ただ、優良業者を探すのが難しくなってきているのです。

 

一般の方が騙されずに業者を選定する一番の方法は、複数の見積もりを取って金額を見極める事です。金額だけでもいけません。しっかりとした工事を行ってくれる業者も見極めなければなりません。

 

トップページでも説明しましたが、ここで紹介した【無料一括見積もりサイト】はしっかりとした信用がある内装業者の集合体です。(私が上から言うのもあれですが笑)

 

是非、活用して安くてしっかりとしたリフォームをしてください。